喪主として至らぬ点は多々ありましたが
なんとか無事に終え
亡くなることはもうかなり前から覚悟済みなので
私は淡々としていましたが
親戚に土産を送るのにお店に来て
「あ、これ買ってったら食うかな?」
と商品を手に取り
あ、もういないんだった
と気づいたときに胸に去来した寂しさ?
は、いったいどんななんの感情なのでしょうかね?